ホーム |  名護市について |  本部町について |  美ら海水族館について |  ポイントマップ |  サイトマップ

スタッフブログ

沖永良部へ行ってきました!

2011.02.06

 こんにちわ和田です。

昨日まで沖永良部島へ行っていました。
帰ってきて早々、鹿島の小汚いオヤシラズを見せられドン引きデス。
さて、今回の沖永良部ツアー、諸事情によりJママと2人きりのマンツーマンツアーになりました!
「贅沢ツアーで嬉しいわ」とおっしゃって下さいましたが、気心知れたJママと2人なので和田も99%遊び気分でした(笑)
今回の遊びの目的は2つ!
1、冬の沖永良部名物、ギンガメアジのトルネードを見る!
 
2、最近噂のエンリッチドエアーを使ってみよう!
です。
まずは、ホテルにチェックイン。
沖永良部ダイビング
ホテルの入り口には「歓迎ジャミング御一行様」の文字が。
マンツーマンでもきちんとしてくれる、フローラルホテル様。
ありがとうございます!!!
沖永良部ダイビング
早速エンリッチドエアーの説明を受ける岡様。
ちなみにエンリッチドエアーとは・・・
通常の空気の酸素と窒素の割合は2:8、ここから身体に悪影響がある窒素を減らし酸素を増やしたもの。
長く潜れたり、休憩が短くて済んだりと諸々メリットがあります。
そして、もう1つの目的ギンガメアタックについて説明を受けます。
沖永良部ダイビング
今回は、ギンガメアタックSPの受講も行ったので、かなり詳しく教えてくれました!
皆さん知ってました?ギンガメの名前の由来!
正解はSP受講者のみに伝える企業秘密です(笑)
長崎発祥の意外な由来でビックリでしたyo。
ダイビングは今回4ダイブしました。
しかし!残念ながら狙っていたギンガメアジのトルネードはと言うと・・・
沢山いるにはいるのですが、今年は警戒心が強くてあまり近づけない!
例年ならばダイバーの周りでトルネードしてくれることもあるらしいのですが・・・
その代わりと言ってはなんですが、今回はなんと珍しいサメ『オオセ』が登場!
沖永良部ダイビング
滅多に見られない個体に和田大はしゃぎでした!
沖永良部ダイビング
それ以外にはなかなか珍しいコガネヤッコ。
沖永良部ダイビング
ヘラルドコガネヤッコはよく見るのですが、コガネヤッコもまた貴重。
水面ではなんと!ザトウクジラを観察できました。
沖縄だとかなり沖合に出ないと見られないイメージのザトウクジラですが、沖永良部では港の目の前で見られました。
そんなこんな今回も沢山の生き物が出迎えてくれました。
ちなみに今回利用したエンリッチドエアーですが、2つのコンピューターを用意し比較をしてみた結果、やはり無減圧潜水時間が普通の空気に比べ圧倒的に長いです。
それに伴い、次のダイビングまでの休憩や飛行機搭乗の制限なども短くなります。
それだけ身体に優しく安全に潜れるということ。
ぜひお薦めです!!!
そして夜のお楽しみ食事!
食事は今回も島の料理を狙って食べました。
今が旬なのは『ひるあぎ』
沖永良部ダイビング
聞いたことのない料理ですが、今が旬だそうです。
注文して出てきたのがこちら。
沖永良部ダイビング
『ひるあぎ』とは、にんにくの葉を豚肉などと炒めたものだそうで、沖永良部ではこの時期、学校の給食に出るくらいの人気メニューだそうです。
よく噛むとほんのりとにんにくの香りがして、とっても美味しかったです!
この料理は初日の、Haisai
沖永良部ダイビング
2日目の旬香
沖永良部ダイビング
あまりの美味しさに2日続けてリピートしました!
そして最終日には、観光をかねて華爛漫ツアー。
まずは、今が旬緋寒桜。
沖永良部ダイビング
そして西郷さんと記念撮影をして・・・
沖永良部ダイビング
菜の花畑で記念撮影。
沖永良部ダイビング
この菜の花が、とっても綺麗で良い匂いでした。
でもこの菜の花、Jママと「きっと畑を休ませる為に植えているんでしょうね?」なんて話していたら、後で地元の人に聞くと「ああ?あんなの雑草だよ!肥やしにもならねぇ!?」とご立腹の様子。
どうやら、休耕地に勝手に生えてきちゃって農家の方は困っている様子でした。
マンツーマンでじっくりたっぷり沖永良部を満喫した2日間でした。
沖永良部ダイビング
沖永良部ダイビング
現地サービス、シードリーム沖永良部の東様
そしてご参加頂いたJママ、本当に有り難う御座いました!

ダイビングサービスジャミングin名護市

Add New Comment