ホーム |  名護市について |  本部町について |  美ら海水族館について |  ポイントマップ |  サイトマップ

スタッフブログ

沖永良部こぼれ話

2011.02.11

 こんにちは、和田です!

先日行ってきました沖永良部での事ガンダム風に行きま~す!
宇宙世紀2011年2月。
ジャミングスタッフは、沖永良部にギンガメアジの群れアリとの情報を得て、沖永良部島へ潜入する。
戦後「星の屑作戦」と命名されるこの戦い。
この作戦が、その後のジャミングの戦局を大きく左右することを、スタッフ和田はまだ知らない・・・
今回はフローラルホテルの『一番安い部屋』をお願いしていたジャミング和田。
現地諜報員であるシードリーム沖永良部部隊の東大佐へ手配を依頼。
「別館にて格安の部屋アリ、手配完了」との知らせを受け激戦の地フローラルホテルへと突入を開始する。
「和田様はこちらです」
フロントの方についていくと、綺麗な本館を後にし隣のあやしい建物の中へ。
「こちらの部屋になります」
がちゃりと開けた扉の向こうに、和田は驚愕する・・・
沖永良部フローラルホテル別館
遠くに霞んで見える一組の布団・・・
『広い!広すぎる!通常の5倍以上のエネルギーゲインがある!』
畳の部分を数えてみると、ナント20畳以上ある!
しかし!左を見た和田は更なる驚愕の事実を知る事になる。
沖永良部フローラルホテル別
『ええぃ!フローラルホテルの別館の広さは化け物か!?』
なんとそこには畳と同じくらいの広さを誇る、ステージが・・・
反対側の壁は、脱着可能な簡易型の壁。
緊急時にはコアシステムのようにこの壁が飛び立つと、そこには更に広大な畳があるはずだ。
そうしたら、大きな集まりにも使えるハズだ。
そう、大きな集まりと言えば・・・
葬式だ!
「シャア!謀ったな!シャア!」
このステージには沢山の華が飾られ、戦い散っていった者を偲んだのでは?
さすがに怖く、眠るときもテレビと電気を付けたまま眠る和田であった・・・
何故か?
「坊やだからさ」
と、ここまでガンダムの名言を使いレポートしてきましたが、カッシー曰く「全然わからん!」とのこと。
和田のエゴを許してくれ、ララァ・・・

ダイビングサービスジャミングin名護市

Add New Comment