ホーム |  名護市について |  本部町について |  美ら海水族館について |  ポイントマップ |  サイトマップ

スタッフブログ

沖縄の世界遺産 〜識名園〜

2015.10.01

沖縄の世界遺産 〜識名園〜 こんにちは和田です。
ユネスコの世界遺産に『琉球王国のグスク及び関連遺産群』の一つとして 2000年から登録されている識名園(しきなえん)。
那覇市識名にある、琉球庭園の一つで別名『識名の御殿(しちなぬうどぅん)』とも。
識名園(しきなえん)は1799年に完成し、中国からの使者などの滞在に使われ、   現在で言う迎賓館の役割を持つ場所だったそう。
  心という文字を崩した形をした池の周りを歩き、   景色の移り変わりを楽しむ回遊式庭園となっているそうです。
   池には大小のアーチ橋がかかり、小島には中国風の六角堂が建ち   琉球と中国の文化両方を見る事が...

沖縄の世界遺産 〜玉陵〜

2015.09.22

沖縄の世界遺産 〜玉陵〜 こんにちは和田です。
ユネスコの世界遺産に『琉球王国のグスク及び関連遺産群』の一つとして 2000年から登録されている玉陵(たまうどぅん)。
沖縄那覇市、首里城公園の近くにあります。
玉陵(たまうどぅん)は、琉球国王や親族のお墓として1501年頃建てられました。
お墓とは言え、かなり大きな遺跡となっており かなり見応えのありそうな場所です。
  いつか実際に行ってレポートしたいと思います! 乞うご期待。
      玉陵(たまうどぅん) 住所 〒903-0815 那覇市首里金城町 1-3 観覧時間 9:00〜18:00 年中無休 駐車場 首里城公園や周...

沖縄の世界遺産 〜園比屋武御嶽石門〜

2015.09.11

沖縄の世界遺産 〜園比屋武御嶽石門〜 こんにちは和田です。
ユネスコの世界遺産に『琉球王国のグスク及び関連遺産群』の一つとして 2000年から登録されている園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)。
この難読すぎる世界遺産は 沖縄の那覇市首里、首里城公園の中にあります。
園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)は   1519年に作られ、国王が外出する際の安全祈願や   王家の様々な神事が行われる場所の門だそうです。
  様々な細工が施されており   当時の琉球の石細工の技術の高さを伺う事が出来るそうです。
    いつか実際に行ってレポートしたいと思います! 乞うご期待...

沖縄の世界遺産 〜斎場御嶽〜

2015.09.08

沖縄の世界遺産 〜斎場御嶽〜 こんにちは和田です。
ユネスコの世界遺産に『琉球王国のグスク及び関連遺産群』の一つとして 2000年から登録されている斎場御嶽(せーふぁーうたき)。
沖縄県の南城市、ドライブスポットで有名なニライ・カナイ橋の近くにあります。
斎場御嶽(せーふぁーうたき)は現代の言葉に直訳すると   『最高の聖域』   琉球王国時代の最も大切な祈りの場所で、   国王でさえ簡単には入る事の出来ない場所だったそうです。
  現在でも一歩足を踏み入れると、 普通の森とは違った神々しい雰囲気や空気感は言葉に出来ない物があります。
  今でも地元の人にはとても大切な場所で、  ...

沖縄の世界遺産 〜今帰仁城跡〜

2015.08.12

沖縄の世界遺産 〜今帰仁城跡〜 こんにちは和田です。
ユネスコの世界遺産に『琉球王国のグスク及び関連遺産群』の一つとして 2000年から登録されている今帰仁城跡(なきじんじょうあと)。
沖縄の今帰仁村、美ら海水族館の近くにあります。
今帰仁城跡(なきじんじょうあと)は   沖縄が琉球王国として統一される前、 北山・中山・南山と別れ覇権を争っていた琉球戦国時代に、 北山の王様が建てたグスクです。
  堅牢な今帰仁城をたてに、高い軍事力を誇っていた北山軍。
  その名残を今でも見ることができる今帰仁城跡。
桜の季節には夜間も解放されライトアップされた桜と城の競演が見られま...

沖縄の世界遺産 〜勝連城跡〜

2015.08.06

沖縄の世界遺産 〜勝連城跡〜 こんにちは和田です。
ユネスコの世界遺産に『琉球王国のグスク及び関連遺産群』の一つとして 2000年から登録されている勝連城跡(かつれんじょうあと)。
沖縄のうるま市、海中道路へ向かう途中にあります。
勝連城跡(かつれんじょうあと)は   琉球王国の最大で最後のライバル阿麻和利(あまわり)が住んでいた城として知られています   地元の住民から絶大な信頼を寄せられ『肝高(気高い)の阿麻和利』と呼ばれた名君だったそうです    1400年代に勝連城は海外の貿易の中継地として栄え   首里城を納めていた琉球国も凌ぐ勢いだったそうです。
自然の山を利用した世界...

沖縄の世界遺産 〜座喜味城跡〜

2015.07.19

沖縄の世界遺産 〜座喜味城跡〜 こんにちは和田です。
ユネスコの世界遺産に『琉球王国のグスク及び関連遺産群』の一つとして 2000年から登録されている座喜味城跡(ざきみじょうあと)。
沖縄の中部読谷村の小高い山の上にあります。
座喜味城跡(ざきみじょうあと)は1420年頃に   築城家の名手と言われた護佐丸(ごさまる)により、築き上げられました。
  建築家の名手『護佐丸』が中城城を改築するよりも前に、一から手がけた城とあって   考えに考え抜かれたレイアウトで難攻不落の琉球至上最強の城と言われています。
  また沖縄の城跡には珍しく霊域や御嶽(うたき)などが無く、   誰でも自由に...

沖縄の世界遺産 〜中城城跡〜

2015.06.24

沖縄の世界遺産 〜中城城跡〜 こんにちは和田です。
ユネスコの世界遺産に『琉球王国のグスク及び関連遺産群』の一つとして 2000年から登録されている中城城跡(なかぐすくじょうあと)。
沖縄の中部にある北中城村の小高い山の上にあります。
中城城跡(なかぐすくじょうあと)は14世紀後半頃に   中城按司(なかぐすくあじ)と呼ばれる中城を納める役人により築き上げられました。
  その後、1440年頃に築城家の名手と言われた護佐丸(ごさまる)が、 当時、尚巴志が治める首里王府に敵対していた勝連城主の阿麻和利(あまわり)を牽制するため、   座喜味城主から移り住み、一部を増築して現在の城の形...

沖縄の世界遺産 〜首里城跡〜

2015.06.22

沖縄の世界遺産 〜首里城跡〜   こんにちは和田です。
ユネスコの世界遺産に『琉球王国のグスク及び関連遺産群』の一つとして 2000年から登録されている首里城跡(しゅりじょうあと)。
細かい事を言うと、登録されているのは城跡のみであり 復元されているほとんどの建物は世界遺産ではないそうです。
首里城は沖縄のシンボルとして昔から最大の観光名所でした。
現在は近代化が進み、巨大な地下駐車場まで備えた 一大テーマパークになっています。
最大の見所はやはり巨大な正殿 日本本土にはない様式の作りは正に琉球王朝! そしてひっそり出回っている2000円札に印刷された守礼門。
これ...

沖縄の世界遺産 〜琉球王国のグスク及び関連遺産群〜

2015.06.07

こんにちは、和田です。
沖縄の世界遺産とは!? ユネスコが定めている、『世界遺産』。
日本では昨年、『富岡製糸場と絹産業遺産群』が認定されたと言ってニュースになっていました。
そんな世界遺産ですが、ご存知の方も多いと思いますが沖縄にもあります。
首里城や今帰仁城跡や識名園などなど・・・ 沖縄には世界遺産が沢山あってすごいなぁなんて思っていたのですが じつは・・・ 正式には『琉球王国のグスク及び関連遺産群』となっており 内容は『5つのグスク』と『4つの関連遺物』 つまり、首里城や今帰仁城跡や識名園などを 全部まとめて一つの世界遺産とされています。
最近ニュースで取り上げら...