ホーム |  名護市について |  本部町について |  美ら海水族館について |  ポイントマップ |  サイトマップ

ライセンス取得コース&レベルアップコース

ライセンス(Cカード)取得

ライセンス(Cカード)取得

PADI オープンウォーターダイバー取得コース

これから趣味の1つとして本格的にダイビングを始めたい方は、世界共通で通用する認定を受けなくてはなりません。
その認定を証するカードを『Cカード』と呼ばれるものです。
ダイビングサービスジャミングのライセンス取得コースでは、世界最大規模を誇るダイビング指導団体PADIのCカードを発行させていただいております。
この講習を終了した後は、Cカードを持ち世界中の海へ潜りに行くことができます。

料金&コース開催時間

料金
¥ 25,000-


別途Cカード申請料¥6,000

※上記価格は、2名様以上でご参加の場合です。
※1名様でご参加の場合¥29,800となります。別途Cカード申請料¥6,000。
※上記価格は税別となっております。

料金に含まれるもの

講習料、保険料、教材費、器材レンタル代、ドリンク、水中思い出写真
バスタオル(1枚)

講習日数

2日半

持ち物

ダイビングマニュアル、水着、3×4センチの申請用カラー写真 (白黒やセピアは不可)
※バスタオルは、弊社にて無料貸し出し(1枚)しております。どうぞご利用ください。

集合場所

■名護市・恩納村周辺ホテルにご宿泊の場合
弊社(ダイビングサービス ジャミング)
〒905-0015 沖縄県名護市大南2-14-3
(おきなわけん なごし おおみなみ 2-14-3)

■本部町・今帰仁村周辺ホテルにご宿泊の場合
ダイビングサービスジャミング 本部店
〒905-0214 沖縄県(国頭郡)本部町字渡久地162
(おきなわけん くにがみぐん もとぶちょう あざ とぐち 162)

参加資格

・年齢15歳以上(10歳から15歳未満はジュニア・オープン・ウォーターダイバー)
・ 現在、病気や怪我などがなく、健康な方が受講可能です。
(※以下に該当する症状のある方は、ダイビングを開催できない場合がございます。"医師の診断書"が必要な場合がございますので、お申し込みをされる前に、お気軽にお問い合わせください。)

・鼻炎などの鼻のトラブル ・中耳炎などの耳のトラブル ・ぜんそく、肺炎、気胸などの呼吸器系トラブル
・糖尿病 ・高血圧、低血圧、狭心症などの循環器系トラブル ・てんかんなどの脳神経系のトラブル
・高所、閉所恐怖症 ・胃潰瘍などの胃腸障害 ・妊娠されている方
・心臓、肺、糖尿病、血圧を抑える薬を常に飲まれいる方 ・1ヶ月以内に手術を受けた方

ライセンス(Cカード)取得(講習)の概要

  1. 学科講習・・・ダイビングをより楽しく、より安全に潜っていただくために、入門編のマニュアルを使用し、学科講習を行います。
    最後に確認として選択式のクイズ&テストを行います。
    ※ダイビングサービスジャミングでは、"事前学習プラン"をおすすめいたします。
    これは、事前に弊社からお客様へマニュアルを郵送し、自宅にて学習をし問題を解いていただきます。
    そうすることにより、本来、数時間要する学科講習が免除となります。
    ダイビングや沖縄での楽しい時間を更に有効的にお過ごしいただけると考えます。

  2. 限定水域(約3時間)・・・ここから皆さんには、実際の海で使用する器材を身につけていただき、プール又は、足のつく 浅い所(海)にて、ダイビングに必要な技術をインストラクターと一緒にしっかり練習していただきます。

  3. 海洋実習(4回)・・・記憶に残る海での実習。お魚に囲まれながら、水深5メートル以上で技術的な練習です。
    4回の講習で、ドンドン上手になりますよ。

サンプルスケジュール

ライセンス(Cカード)取得
A.M.P.M.持ち物
1日目 沖縄到着 学科講習・事前学習の復習 マニュアル
2日目 限定水域講習 海洋実習1・2 水着
3日目 海洋実習3・4 ご希望があればファンダイビング可能です。¥4,000~(税別・レンタル無料)
4日目 沖縄出発  
スケジュールに関してのご注意

※上記のスケジュールはサンプルですので、講習の進行状況・海洋状況によって変更する場合がございます。
※1日目の沖縄到着が午後や夜になる場合は、翌日から講習を開始し、2日間で講習修了も可能です。
※講習最終日(ダイビング直後)は飛行機にご搭乗いただくことができませんのでご注意ください。
※集合時刻、集合場所のご連絡に関しましては、弊社より開催日前日の夕方18:00までにご連絡させていただきます。

ライセンス(Cカード)取得に関してのQ&A

Question

Cカードって何ですか?

Answer

Cカードって何ですか?Cカードの正式名称はCertification Card。
つまり認定証のことです。このCカードは「ダイビングに必要な知識と技術を取得した」ことを証明するものです。
また、このカードには「PADIオープン・ウォーター・ダイバー」などのランクや「PADIスペシャルティ・ダイバー」など色々な種類があります。
※レベルアップコースに関しましては、お電話、またはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

Question

Cカードはなぜ必要なのですか?

Answer

Cカードはなぜ必要なのですか?ダイビングを行なう際には、ルールを守り、安全に配慮して自分の責任において判断し行動することが前提になります。
海に行かれた際にこのCカードを忘れてしまうと、ダイビングのご希望をお受けできない場合もあります。
お客さまのダイブキャリアにあったサービスやアドバイスのためにも必要なのです。

Question

「PADIオープン・ウォーターダイバー」になると何ができるのですか?

Answer

自分たちでダイビング計画を立てて、インストラクターの引率なしで、講習を受けたのと同じかそれよりもよいコンディションで、限界内でのダイビングをすることができ、器材の購入やタンクのレンタルのサービスを受けられます。
また、PADIアドヴァンスド・オープン・ウォーター・コースやPADIスペシャルティ・コースなどのステップ・アップ・コースに参加することができます。

Question

ダイビングって危険ではないのですか?

Answer

スキューバ・ダイビングもアウトドア・レジャーのひとつ。
自然を相手にするアクティビティです。水中という環境では、息をするのにも機械の力を借りなくてはならないし、深く潜るほど身体に水圧もかかります。本来、安全に楽しめるスキューバ・ダイビングですが、それなりの危険性がないとは言えないのです。
だからこそ、PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースで安全確保と危険回避のスキルをしっかり学びます。
スキルをきちんと身につけることは、安全にダイビングを楽しむための基本なのです。

Question

サメが怖いのですが、大丈夫ですか?

Answer

サメが怖いのですが、大丈夫ですか?約250種類もいるサメのうち、人間にとって危険なのは約4~5種類で、これらのサメとは滅多に遭遇することはありません。
一般にダイビングで見るサメはリーフシャークと呼ばれる小型のおとなしい種類で、ファンも多いほどです。
サメに限らず危険な生き物についての情報は、その海を熟知したインストラクターによく聞いて安全なダイビングを心がけることが大切です。
また、ジンベエザメなど大人しいサメも存在します。ダイバーなら一度は見てみたいと憧れられているほどです。

Question

講習ではどんなことをするのですか?

Answer

PADI オープンウォーターダイバーコースは、「知識開発(学科の講習)」、「プールダイブ」、「海洋実習」という3つのセクションから成り立っています。「学科講習」と「プールダイブ」は各々5セクションに細分化され、簡単なものからだんだんと難しくといった内容で身につけていきます。「海洋実習」では、実際に海で4回のダイビングを行ないます。
※「プールダイブ」は、プールだけでなく海の浅い場所で行なう場合もあります。

Question

ステップアップするコースにはどんなものがありますか?

Answer

PADI スクーバダイバーならPADI オープンウォーターダイバーコースへ、PADI オープンウォーターダイバーならPADI アドベンチャー イン ダイビングプログラムへステップアップできます。
PADIのステップアップ・プログラムはダイバーとしての活動範囲を広げるためのものです。
インストラクターを目指したい方向けのプログラムも用意されています。
※ステップアップコースに関しましては、お電話、またはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

Question

泳ぎがあまり得意ではありませんが、大丈夫ですか?

Answer

泳ぎがあまり得意ではありませんが、大丈夫ですか?水泳が得意である必要はありません。ただ泳げればOKです。
コースを開始する前にPADIインストラクターが水に慣れているかどうかの確認をいたしますので、泳ぎの苦手な方はご相談ください。
ダイビングを始めたら水泳がうまくなったという方もいらっしゃいます。

Question

眼鏡、コンタクトレンズを普段使っているのですが?

Answer

マスクというものをダイビングでは使用します。眼鏡をかけている方は、マスク装着前に外していただきます。その場合、度付きレンズがございます。ただし全ての視力の方をカバーできるわけでもないので、コンタクトレンズがありましたら、ご持参ください。コンタクトレンズを使用したままの状態でダイビングをすることは可能です。
ただ、外れることはほとんどございませんが『100%外れない』とは言えないので、予備のコンタクトレンズや眼鏡もご持参ください。

Question

生理中や妊娠中でもダイビングできますか?

Answer

生理中のダイビングは問題ないといわれていますが、他のスポーツと同様、生理痛がひどいときは避けたほうがよいでしょう。
妊娠中のダイビングはNGです。
ダイビングと母体や胎児への影響の因果関係は研究中の段階ですが、ダイビングが原因の流産などが世界でも数件とはいえ報告されています。

Question

持病があるのですが、大丈夫ですか?

Answer

弊社では、コース参加前に病歴を伺い、それによって医師の判断を仰ぐ場合があります。
ご心配な場合は、お気軽にお問い合わせください。
一般に、狭心症や心筋梗塞などの循環器系疾患をお持ちの方は避けたほうがよいでしょう。
頻繁にぜんそくの発作がある方、貧血や高血圧の方も、かかりつけの医師にご相談ください。

Question

ダイビング(シュノーケリング)に年齢制限はないのですか?

Answer

年齢の上限はありません。70歳を過ぎてもダイビング(シュノーケリング)を楽しんでいる方はたくさんいらっしゃいます。
ただし、45歳以上の方は講習を始める前に診断書をご用意いただく場合もあります。
年齢の下限は、成長期における水圧の影響を考慮した10歳です。
尚、未成年者は親権者の同意が必要です。

Question

ダイビング器材は買わないといけませんか?

Answer

弊社のライセンス取得コースでは、必要な器材のレンタル代はコース費用に含まれておりますので、購入していただかなくてもライセンス取得が可能です。

Question

メカオンチですが、大丈夫ですか?

Answer

大丈夫です。
ダイビング器材はパソコンやAV機器のように複雑な構造をした機械ではありませんし、熟練しないと扱えないような難しい操作も必要としません。
インストラクターの丁寧な指導のもと、自分で器材を扱うことで、操作や取扱にも次第に慣れてくるでしょう。

沖縄ダイビングならお任せください! お問い合わせはこちら