STORY

Toshio Kashima

STAFF

大学時代の鹿島

兵庫県出身。山口の大学に入学。特に何かに情熱も燃やしたわけでもなく、ただ単位だけは取って、普通に過ごす日々。時代は就職超氷河期真っただ中。たいしてやりたいこともなかった時に、兄に勧められたのがダイビングのインストラクターという職業だった。

知り合いの伝手で、福井のダイビングショップで体験させてもらえることに。
その時、ビビりまくってろくに潜るどころか呼吸もできてない自分を、安心させてさらに楽しませてくれた、この仕事に初めて「感動」を覚えた。
もちろん、海の中の景色にも感動したけれど、ここで働く「人」に感動した。というのがこの時の感覚だった。

すぐにこの仕事がしたいと申し出てみたが、「給料は安いし、辞めておけ。」と周囲に反対された。それでも人生で初めて出会ったこの感覚を信じて、就職活動はせず、山口の大学の近くにあるダイビングショップでアルバイトしながらインストラクターライセンスを取得。この時インストラクターのトレーニングの一環で、初めて訪れたのが沖縄。これが人生 2 度目の衝撃だった。

それまでアルバイトしていた山口のショップに不満があったわけではないが、沖縄のダイビングショップのお客様の多さ、華やかさ、ロケーション、暮らし。
すべてに魅かれてしまった。どうせ、働くならこういう場所で働きたいと勢いで沖縄に移住。 それから3年。 知り合いのショップに就職させてもらい、がむしゃらに働き始めた。 石の上にも3年とはよく言ったもので、3年も経つと周りが見えてくる。リピーターのお客さんもついたりする。
またこの業界は、ショップに属していない個人フリーランスのようなインストラクターさんも大勢いて、「自分もやればできるのではないか」と勘違いをしてしまう。

「自分なりのやり方で、自分らしくダイビングを楽しんでもらいたい。」 そういう気持ちに嘘はなかった。それでも、どこか世間を甘く見すぎていた。ショップを持たない20代のインストラクターが黙っていてもお客さんが集まることはなく、いきなり収入がなくなった。

あの頃の鹿島

それからはとにかくヘルプで呼んでくれるダイビングショップに顔を覚えてもらえるよう那覇から本部まで、どこにでも駆け付けた。使ってもらったショップの数は70カ所以上。自分のショップではない以上、変な接客やサービスをすれば次は絶対に呼ばれない 。
これまで以上に、真摯に真剣に、インストラクターとしての仕事に専念した。

特に「誰」というわけではないが、自分が一緒に仕事をして気持ちがいいインストラクターとそうではないインストラクターがいると気づいた時、自分が本当にやりたいダイビングショップのイメージがハッキリ見えてきた。インストラクターには大きく分けて2種類の人間がいる。ダイビングする時間を「自分の時間」と思っているか「お客様の時間」だと思っているか?

自分なりに出した答えを持って、一念発起。名護に店舗を構えたのがジャミングのスタート。みんなが真栄田岬。
みんなが慶良間諸島でガイドする立地での開業を勧める中、自分なりの勝算とこだわりを持って開業した。。
それでもやっぱり、そう簡単にはお客さんは増えない。
ダイビングだけではなく、橋の補強作業など水中での作業や運転代行、水陸問わずとにかくいろんな仕事をしながら、自分がやりたい「目配り・気配り・心配り」ができる気持ちいいダイビングショップを続けた。

名護でショップを構えて3年目。毎日続けていたブログや口コミが広がって、お客さんを断るほどの予約が殺到し始めた。正直、自分ひとりと家族を養うだけなら、このままでいいのかもしれない。それでも、尊敬するインストラクターの先輩たちは、ダイビング業務から引退し、全く別の仕事をしていたり、羨ましいほどたくさんスタッフを抱えていたダイビングショップがある日突然、廃業したりもしていた。
何が正解で、何が安全かは、わからない。それでも年1回の沖縄でのダイビングを楽しみに来ているお客様に「ジャミングって、毎年どこかが進化しているよね」と言われることが、何よりもうれしくて、「法人化」を決めた。

Nobushige Nakahodo

STAFF

生まれも育ちも本部町。海はいつもそこあった。
サーフィン・シュノーケル・素潜りはやっていたがダイビングを初めて体験したのは30歳の時。

それまでは型枠大工・大型ダンプの運転手などで働いていて、まさか自分がダイビングショップのインストラクターになるなんて、思ってもみなかった。

一度潜って、魚と同じ目線で海を見る。それまで飽きるほど見ていた本部の海が30歳になって全く違うものに見えた。
それからはとにかく、毎日でも潜りたい。もっともっといろんな海の表情を見てみたい。それを叶える仕事として、ダイビングインストラクターになることにためらいはなかった。

同じダイビングインストラクターでも、考え方は色々。お客様の命を預かる仕事だからか、「お金を払ってもらう相手ではなく」、「守ってやっている相手」という態度で接する人達もいた。ずっと陸の社会が長かったおかげで、自分はそういうインストラクターには、いつも違和感を持っていた。そんな時に、声をかけてくれたのが鹿島さん。お客様をお客様として扱い、誰よりも人を引きつける魅力を持った人だった。
ジャミングに勤めてもう7年。それまでの人生の充実感とは全く違う。毎年、沖縄に来る旅の目的が「ジャミングで潜ること」というお客さまが年々増えている。そんなお客様と一緒に水中を案内することは、何よりも楽しいひと時。この人たちがいつまでも沖縄に帰って来られるように、この場所をしっかり守っていきたいと思っている。

Aiko Iwamura

STAFF

東京都出身。保険外交員やペットトレーナーの養成校など、ジャミングに出会うまでダイビングとは無縁の人生でした。
よく、お客様からは「海とダイビングにハマった人」なんて思われていますが、ジャミングに出会って入社するまでの期間は1年もないんです(笑)

東京の渋谷駅の近くで働いていたのですが、年齢も30歳を越えて、街に人も外国人も増えて、震災の傷跡は忘れたかのように東京オリンピックに染まっていく風景を見ながら、ずっと息苦しさが増していました。

ある日、駅ビル特有の突風に飛ばされて転んだ時、ただでさえ小さい私の身体を見下ろす山のように背の高い海外のビジネスマン。「ああ、もう東京を出よう。」と決意。

長野でも沖縄でも山でも海でもよかったのだけど、友人と行った海外旅行先で初めての体験ダイビング。その後、ライセンスを取りたいと友人に紹介してもらったのが、ジャミングでした。それから数ヶ月後にはすぐ1人でダイビングのお客さんとして来沖しました。
鹿島さんの印象は、「物腰が柔らかくて身長が大きい人。」

その後、Facebookで繋がっていたのですが、ある時「事務員募集」の投稿をみて、すぐに連絡してしまいました。今思えば、鹿島さんが募集していた人材とは全然違うのですが、たぶん、私の行動の早さを買ってくれたのかなと思います(笑)

職場の代表としての鹿島さんは「アツい人。」そして何より、お客様と従業員のことを考えて停滞しない人でした。鹿島さんにはやりたいことのビジョンや想いがある。インストラクターではない私の仕事はおのずと明確になりました。
受付や予約の手配はもちろん、会社の総務経理のようなこと、お客様の対応もするし、次の事業の下準備も行う。以前の私からすると、本当に信じられない毎日を送っていますが、「こんな自分もいるんだな。」と、自分が自分で可笑しくなるくらい楽しい日々を送ってます。何より、人生の中でいちばん自分らしく働けている今がとても充実しています。

Koji Takahashi

STAFF

京都出身。名桜大学卒業後、「観光」「サービス業」というキーワードが自分の中にあったのでとりあえず、地元京都の観光タクシー会社に就職。特に嫌なわけじゃなかったけど、「もうちょっと沖縄を味わいたい。」という気持ちが残っており、沖縄で「就職先」を探した。

大学の講義でライセンスは取得していたので、深くは考えずに、ダイビングショップでの求人を探した。そこでヒットしたのがジャミング。別に遊びたくて沖縄に戻るわけじゃない。あくまで「就職先」を探していた。自分の将来を考えるうえで、株式会社であることや面接の時に給与や待遇面もしっかり聞いた。会社の理念や将来像なども語ってもらえたし、新卒採用時の就職活動と変わらない真面目で真摯な対応に安心して入社した。

実際、働いてみると思った以上に体力仕事。自分だけが潜れても、お客様の命を守れないと一人前になれない。
毎日部屋に帰ったら、倒れるように眠った。
それでも、それが特別「キツい・ツラい」とは思わなかった。鹿島さんが求めるサービスレベルや叱られている内容はいつも筋が通っていて、「たしかに自分ができていないな。」と毎日勉強して、自分の成長に繋がっていることも実感できた。

むしろ、同じダイビングインストラクターでありながら、遊び半分でやっているような人を見るとイラっとして、「命の預かる接客業」であるジャミングの考え方が、自分の考えと合致していることが嬉しく思えてきた。自分が就職先として選んだ会社は間違ってないと、今さらながら、誇らしい気持ちにもなる。

ジャミングはお客様も日本全国から面白い人が来てくれる。
普通のサラリーマンをやっていたらこんなに仲良くは話せないような経営者の方だって、わざわざ僕の名前を呼んで訪れてくれる。このことは、これから僕がどんな人生を歩もうとも、とても大きな財産になるに違いない。
とは言え、今はジャミングが作る宿泊施設やカフェやその他あれやこれやの構想を一緒にカタチにしていくことしか考えてないけど。